不用品回収コラム

売却不動産の片付けは不用品回収が便利

売却不動産の中には、元居住者の生活用品がそのまま残されていることがあります。不用品が残っている売却不動産を購入した場合や、反対に不動産を売却する際には、物件内の不用品をすべて処分することが必要です。 住宅内のすべての物を処分することは大変ですが、不用品回収を利用すれば労力は必要なく、安い費用ですべての不用品を処分できます。

売却不動産は不用品が残っていることが多い

売却不動産には、次のようなケースで不用品が残されていることが多いものです。

賃貸物件を売却した場合

売却不動産が賃貸であった場合、生活用品が残されていることは多いものです。不動産の持ち主ではなく、元入居者の持ち物がそのまま残されているため大量の不要品が残ることになります。使えるものであれば良いですが、使わないものであれば何らかの方法で処分しなければなりません。

不用品の処分が不可能となった場合

元の居住者が不用品処分をできなくなった場合も、家の中の物がそのまま残されます。居住者が死亡したが片付けをする家族がいない、居住者が夜逃げをした、などが該当します。売却不動産の中には、不用品を処分する人がいないというケースもあるのです。

不動産を売却する際にも不用品処分が必要

不動産を売却する際には、不用品を処分する必要があります。

不用品が残っていると不動産の価値は下がる

不用品がそのまま残されている不動産は価値が下がります。不動産は空にして売却することが基本です。ゴミが残されていれば、次の居住者が費用を支払って処分しなければならないため、大幅に売却価格が低くなる可能性が高くなります。

不用品がある状態では仲介を依頼できない

不用品が残されている状態では、不動産会社に仲介を依頼できません。不動産会社が仲介をしてくれるのは、全く物が残されていない「不動産のみ」の状態であるときだけです。不動産の仲介を利用できなければ、不動産売却自体が難しくなるでしょう。

売却不動産の片付けは不用品回収が便利

売却不動産を片付けるなら、不用品回収を利用することが一番の方法です。

すべての不用品を一度で処分可能

不用品回収なら、残されている不用品のほぼすべてを一度の回収で処分することができます。分別をする必要もなく、不用品の種類によって回収依頼先を変えるという手間もいりません。回収不可能品がほとんどないため、不燃物、可燃物に関わらず、あらゆる物を引き取ります。

不用品の運び出しはスタッフにおまかせ

不用品回収では、不用品の運び出しや移動はすべてスタッフが行います。自分で不用品を処分しようとすると、物を運び出して指定の場所に移動させるという作業が必ず発生するもの。しかし不用品回収であれば、すべての作業をスタッフが行うのでお客様はただ立ち会うだけで良く、労力は一切かかりません。

定額パックで不用品の数が多くても安心

不用品回収の「定額パック」なら、不用品の数によって料金が変わることはありません。定額パックとは、トラックに積み込める量であれば、不要品の数がいくつになっても同料金というシステムのこと。料金はトラックの大きさと台数で決まるため、売却不動産に大量の不用品が残されていたとしても安心です。

売却不動産・不動産売却にも便利な不用品回収

不用品がたくさん残されている売却不動産の片付けや、不動産売却の際の片付けでも便利に使えるのが不用品回収というサービスです。不動産に残されたすべての不用品をスタッフが運び出すためお客様は何もする必要がなく、ほとんどの場合、一度の依頼ですべての物を回収可能です。 また不用品の数が多くても、定額パックなら料金が高額になる不安もありません。「エコレンジャー」では4種類の定額パックを用意しており、多くの不用品をリーズナブルに回収可能です。
お客様は立ち会うだけ! ゴミの分別も必要ありません!お気軽にご連絡ください!お電話1本で即日対応!0120-308-119 営業時間 / 年中無休・8:00~23:00
  • 3分でご案内!無料お見積り
  • LINEで相談する

※1 処分費・作業費・出張費が無料になるのは、定額パックプランをご利用になられたお客様のみとなりますので、予めご了承ください。

© 2018 不用品回収のエコレンジャー ALL RIGHTS RESERVED
  • ページのトップに戻る