不用品回収コラム

不用品はどこへ?回収された不用品のその後

不用品回収で引き取られた不用品は、その後、一体どうなるのかご存知ですか?実は正規の業者に引き取られたほとんどの物がリサイクル品・リユース品となって、さまざまな場面で活用されています。

今回は不用品回収で引き取られた不用品のその後の流れや、リサイクル・リユースされる方法についてご紹介します。


回収された不用品はその後どうなる?

不用品回収で引き取られた不用品の、その後の流れについて確認していきましょう。


リユースされる

回収された不用品の中には、リユースされるものが少なくありません。不用品とは言え、修理をしたり、清掃をしたりすれば、まだ商品として販売できるものも多くあります。リユースによって必要な人の手に渡り、活用されていることもあるでしょう。


リサイクルされる

不用品のその後としてリユースと並んで多い活用法がリサイクル。不用品を解体して素材別に分類した後、新しい商品の部品とされるため、リサイクルで資源として活用されれば、ゴミの削減に貢献できます。


海外に輸出される

海外に輸出された後、リユースされる不用品も多くなっています。日本では需要のない物であっても、海外ではまだ必要とされている物も多く存在するためです。海外で綺麗な状態になった後、リユース品として販売されます。


ほとんどはリサイクル・リユースされる

回収された不用品のほとんどはリサイクルやリユースで活用されますが、リサイクルされる流れをご紹介します。


STEP1:日本の市場でリユース

不用品回収で引き取られた物はその後、需要があれば、日本の市場でそのまま販売されることもあります。そのままの活用が可能であれば活用され、日本で必要とされないものは海外に輸出されることもあります。


STEP2:海外に輸出されてリユース

日本での需要がない物を引き取った場合、海外に輸出した後、リユースされることが非常に多くなっています。貨物コンテナで不用品を海外に運ぶと、現地の修理技術者が修理・清掃してから販売します。


STEP3:リサイクル品として新たな商品へ

海外でのリユースが難しい破損品・汚損品については、リサイクル品に分類され、新たな商品の部品として活用されることに。新たな商品として蘇った不用品は、その後、店頭でリサイクル素材使用品として販売され、必要としている人の手に渡ります。


違法な不用品回収業者に注意

不用品回収を依頼するときは、違法な業者を利用しないように注意しましょう。


違法な不用品回収業者とは?

違法に不用品の回収を行っている業者とは、必要な許可を得ていない、無許可の業者のことです。無許可の業者に回収を依頼すると、次のようなリスクがあります。

・高額な回収料金を請求される
・不用品が不法投棄される
・不用品が海外に不正輸出される
・リユースやリサイクルに貢献できない
・不法投棄による環境汚染につながる


正規の不用品回収業者を選ぶためのポイント

違法性のない正規の不用品回収業者を選ぶには、次のようなポイントに注意しましょう。

・「一般廃棄物処理業許可」を保有していること
・拡声器・チラシ・空き地で回収している業者に注意すること
・「無料」を宣伝している業者


不用品回収のその後を考え違法業者に注意

不用品回収で引き取られた不用品は、その後、リユース品やリサイクル品としてさまざまなところで活用されます。しかし、違法業者に引き渡してしまうと、不当な料金を請求されたり、環境問題を悪化させる原因になったりする可能性も。

不用品の回収を依頼するなら、違法性のない正規の業者を選ぶことが大切です。今回ご紹介した3つの見分け方のポイントを覚えて、社会に貢献する、正規の業者に回収を依頼するようにしてください。
お客様は立ち会うだけ! ゴミの分別も必要ありません!お気軽にご連絡ください!お電話1本で即日対応!0120-308-119 営業時間 / 年中無休・8:00~23:00
  • 3分でご案内!無料お見積り
  • LINEで相談する

※1 処分費・作業費・出張費が無料になるのは、定額パックプランをご利用になられたお客様のみとなりますので、予めご了承ください。

© 2018 不用品回収のエコレンジャー ALL RIGHTS RESERVED
  • ページのトップに戻る